三鷹市の眼科専門医。武蔵境駅利用。小児眼科、眼精疲労、目の疲れ、眼鏡、コンタクトレンズ

植村眼科医院

0422-33-0456

〒181-0014 東京都三鷹市野崎2-16-15

一般眼科

スマートフォン専用サイト

緑内障について

緑内障

最近検診で、視神経乳頭の陥凹拡大、視神経萎縮、緑内障の疑いなどを指摘され、眼科受診をすすめられることが多いようです。

緑内障では、視神経が障害されるために、視野異常が生じます。緑内障の視野異常では、見える範囲の中に感度の下がった部分や見えにくい部分ができるように なります。しかし、実際に視野異常が起こっていても、普段の生活では、視線を動かしたり、無意識のうちに両目で補うことによって気付かずに過ごしているこ とがほとんどです。視力に変化をきたすのは、かなり末期まで進行してからです。自覚的な症状から、緑内障が見つかることは、ほとんどありません。

日本人における視覚障害の原因疾患の1位は緑内障であり、緑内障は全く珍しい病気ではありません。
40歳以上の日本人の約20人に1人が緑内障と推定されていて、ほとんどが気付いていないと言われています。
緑内障の家族歴のある方、近視の強い方、糖尿病の方や動脈硬化の強い方は、さらに注意が必要です。

現在でも、緑内障は進行すると失明につながる病気ですが、色々と検査ができるようになり、失明に至ることは減り、予防的な治療もできるようになりました。緑内障の中でも、いくつかの型があり、それによって治療の方針、お薬の選択、経過が違います。早期発見、早期治療が最も大切です。

視神経の異常や眼圧が高いなどの指摘を受けた場合は、必ず眼科を受診するようにしてください。定期的に検査を続けていくこともとても大切です。

緑内障セルフチェック

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症

日本人における視覚障害原因疾患の第2位が糖尿病網膜書です。

糖尿病では血管が痛むことが、いろいろな合併症の原因になります。特に血管の細い「目」「腎臓」「手足の先の障害」により、網膜症、腎症、神経症という三大合併症が生じます。

網膜症では、網膜に出血やむくみを生じますが、自覚的な症状はなく、気付かない間に進むことがほとんどです。写真のような出血や白斑を起こしていても、痛くもかゆくもなく視力低下もありません。

糖尿病状態によって5~10年で発症することが多いようです。

網膜症は糖尿病から起こる病気です。
目の治療だけをすることはできません。糖尿病と診断されたら眼科を受診し、内科と合わせ、定期的な眼底検査をすることが大切です。

特に眼科医と内科医が「眼底検査の結果」、「血液検査の結果」を確認しながら、より安定した糖尿病治療を続けることが重要です。

当院では「糖尿病眼科手帳(図 下記参照)」をお渡ししています。

糖尿病眼手帳

ドライアイ

ドライアイ

眼が疲れやすい、何となく目に不快を感じるという方はドライアイかも知れません。
ドライアイの症状を有する方は、800万人以上と推定されるにも関わらず、病気としての認識が低い疾患でもあります。

ドライアイでは、目を守るべき涙の量が不安定になることで、目が乾きやすくなります。黒目に傷ができることもあります。
症状は、乾きを感じることもありますが、重い、疲れる、痛い、まぶしい、なんとなく不快であるなど感じ方は様々です。
最近は、治療薬の種類も増え、点眼治療により症状の改善することが多くなっています。

ドライアイセルフチェック

ドライアイセルフチェック

5つ以上チェックが該当するならばドライアイの可能性があります

コンタクト

コンタクトレンズについて
コンタクト

コンタクトレンズは最近、使用する人が増えたことから、身近なものになり、安全なものと思われているようです。安易に眼科医の診察を受けずに、使用してい る方のトラブルが急増しております。

最近は、特に若い方のカラーレンズによるトラブルが増えています。

コンタクトレンズは高度管理医療機器です

高度管理医療機器とは、適正な使用目的に従い適正に使用されなかった場合、人の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあるため、適切な管理が必要なものとして、厚生労働大臣が指定するものです。(薬事法第2条5項)
眼科医の検診指示なしに適当に使用していると、危険な障害を起こすことがあります。眼鏡とは異なり眼の中に入れるものであるので、常に清潔に保ち、無理な 装用は避けなければなりません。
そのためには充分なコンタクトレンズの管理と、長時間装用を避けるための眼鏡の併用が必要です。
カラーレンズは、なぜかこの高度管理医療機器には、分類されておりません。雑貨店やインターネットなどで入手されているようです。多くの場合、管理装用に 関する知識の無いまま使用してしまうので、さらに大きなトラブルにつながります。

コンタクトレンズのトラブルについて
コンタクトレンズ

ゴロゴロする、目ヤニなどの自覚症状がある場合だけではありません。自覚症状がなくても、眼の中に重大な変化が起こり進行していく場合もあります。

この場合、コンタクト装用の中止を余儀なくされることもありますので、必ず定期検診が必要です。

コンタクト使用中に実際に眼の中で起こっている事について
コンタクトレンズ

コンタクトレンズを乗せる黒目の表面(角膜)には血管は一本もありません。その為、この角膜の栄養は空気中の酸素や涙により、補われています。
コンタクトレンズを使用していると裸眼よりも酸素の吸収がしにくくなり、酸素不足により角膜(角膜上皮細胞、内皮細胞)障害を起こします。

角膜上皮細胞の障害については自覚症状が比較的強いものもありますが、一般的には擦り傷のようなもので、重症なものでない限り、視力障害をきたすことは稀 です。しかし、白目(結膜)から、血管が入り込み、中央の瞳(瞳孔)近くまで達すると視力障害を起こします。

一方、角膜内皮細胞の場合は、自覚症状が全くないにもかかわらず、徐々に進行していくものなので大変危険です。損傷を受けた場合、コンタクトレンズ装用を 中止しても、元には戻らない不可逆的変化が起こります。

コンタクトレンズを使う場合は、便利さやおしゃれにだけ眼を向けるのではなく、使用することで起こることをよく知って、適切な管理の下、十分に注意をして使用する必要があるのです。